わたくしマイナースケールな人間です

わたくしはマイナースケールな人間だと思うんですよ。何かこじらせてるような物言いになっているがこのまま続けさせてもらう。

育ってきた環境によるところも大きい。父が自ら命を絶ったり、それまで仲の良かった親戚同士の醜い遺産トラブルも見てきた。影響を受けてきた音楽、映像作品は感情的、悲劇的なものだったりした。そして19のころスクリーモとの出会いがマイナースケール化を加速させた。

それまでHR/HMを聴いてた懐古厨にとって、エモという要素はとても新しく感じたし、それまで聴いてた音楽とはまた違ったヘヴィなリフも刺激的だった。ありがとう、The UsedにSaosin。

おかげで何かと物事を悲観的に捉えるような視点というか感受性が知らず知らず芽生えていた。その感受性は社会人になったばかりの頃、自分を苦しめていたのではないかと今になって思う。仕事で感情的になってばかりで頭を使っていなかったのだ。なんで自分ばかりこうなんだと溜まっている仕事を消化出来なかったし、周りの人に呆れられているのではないかと疑心暗鬼になっていた。そんなのが1年続いて最初の会社を辞めた。2社目も同じ感じで、今度は2年続いた。今は収まっているが鬱だって発症した。マイナースケールな性格はもはやアイデンティティと化している。

メジャースケールじゃなくて何が悪いんだ。明るい性格じゃないから、確かにそういう奴らに踏み込んで行くことは中々出来ないが、挨拶程度の世間話や業務連絡ぐらいは出来るさ。友達を中々作れないことの何が問題なんだ。それは俺だって問題視してるよ。そんな目で見ないでくれ。

とまぁ、最近こういう風に感じる場面がありました。人生楽しんだもん勝ちみたいな風潮に一石投じてやりたい!