読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参考書の面白く無さ

本にも多様なジャンルがあるわけですが、僕が普段読むのは森博嗣作品なのでだいぶ偏りがあります。読書が好きだったわけではなくて、ある時薦められて読んでみた「夏のレプリカ」「すべてがFになる」がきっかけで、読みあさるようになりました。

読んでいるとき頭の中では描写をイメージ、再現して道筋を辿るのが自分にとっての解釈の仕方だと最近になって気づきました。登場人物のセリフも聞こえたりするわけです。これがいいことなのか悪いことなのかは分かりませんが、小説以外を読む時に中々捗らないので大変な思いをすることがあります。

例えば、参考書を読むときです。物語とは違って再現しながら読むことが出来ないのでどうしても難しく感じてしまいます。サクサクと読み進めるにはどうしたらよいものか試行錯誤を繰り返してばかりで少しも面白くありません。

 以上。